お見合いのマナー術

印象の良い初デートでのマナーについて

初デートでのマナーで女性に好印象を与えるには、気負ってやりすぎず、また不足しすぎないようにする事が必要です。
難しいようですが、マナーにこだわりすぎて女性の気持ちを無視することなく、逆にくつろぎすぎて相手をもてなす気持ちを忘れることの無いよう、気をつければOKです。
初デートの行き先、待ち合わせ時間の設定などにもマナーはありますので、相手に合わせてよく考えましょう。
食事の作法や他の人への接し方にも今までの経験が反映されます。
時間を守るなど大人の男性として、更には人としての最低限のマナーを守りながら、女性をエスコートできるようにすると女性にとっては好印象になります。

女性が喜ぶ初デートのマナーポイント

時間を守り、少し前に待ち合わせ場所にいる
食事をキレイに残さず美味しそうに食べる
程よい距離感を保ち、常識的な時間に彼女を帰す
ドアや階段なので女性を気遣いエスコートする

時間を守ることはそれからの人生の中で何度も出てくるポイントなので、当然のマナーとして気をつけなくてはいけません
待ち合わせ場所には早めにつき、女性を待たせないようにしましょう。
また、食事の時の男性の様子も将来結婚を考えている女性にはとても気になります
箸やフォークなどの使い方はもちろん、美味しそうに残さずキレイに食べてもらえると、自分が作っても喜んで食べてくれるのだろうと好印象になります。
まだ、過剰なサービスは不要ですが、ドアの出入りや階段、その他の場面で女性を気遣うちょっとした行動を取るだけでも印象は変わります。
初デートですので、常識的な時間を考え、暗く危険になる前にデートを終了して女性を駅などまで送り届けるようにしてください

初デートで女性が嫌がるポイント

事前に連絡もせず、待ち合わせ時間に遅れる
食べ方が汚い、食べ残す、文句を言う
女性に高額の金銭的負担をさせる
慣れ慣れしく体に触れる、しつこく誘う

初デートの時に時間に遅れるのは、最低のマナー違反です。時間にルーズな人は他のすべてにおいてルーズな印象を与えます。
食事をする際には、女性はいつか自分が作ったものをその人がどう食べるか、外食の際も恥ずかしいマナーではないかなどよく見ていますので、汚い食べ方をしたり、箸などがうまく使えなかったり、食べ残しや好き嫌いをするのも悪印象です。
初デートはお互いのことを知る機会なので、あまりにも高額の出費がかかるところへ行ったり、食事をしたりして女性に金銭的負担をかけるのはやめましょう
見栄っ張り、甲斐性が無い男性だと判断されてしまう可能性もあります。
初デートなのに女性の体に触れたり、夜遅くなってもしつこく誘い続けるなどはとても嫌われますので、絶対にしてはいけません。

ネットお見合い@メニュー

ネットお見合い@結婚できるプロフィールの書き方とマナー術リンク