お見合いの会話術

初デートで気をつけるの会話のポイント

初デートで好感を持たれる会話術としては、優しく、明るく、そして女性の言葉を引き出すような話し方をするのがポイントです。
女性は自分で話す事が得意な人もいますが、苦手で控えめな人もいるので、相手に合わせて上手に話を引き出すような会話をしましょう。自分の紹介は短すぎず、長すぎず、名前や年齢、職業などは正直に伝えるとともに、性格や長所については簡潔に軽く伝えます。
女性から質問が返ってきたら、誠実に丁寧に答えてください。また会話の内容はあまり重すぎてもいけません。
女性が触れられたくないと思うような部分は初デートでは避けて、とにかく穏やかで楽しい会話術を心がけてください。
言葉遣いにも気をつけて、丁寧に話しましょう。

女性が嬉しい初デートでの会話

しっかりとした誠実な自己紹介をする
趣味や好きなものの話を2人で共有
言葉遣いは丁寧だが、堅すぎず軽すぎず
笑顔で温かい表情で女性の話をよく聞く

女性が良い印象を持つ初デートでの会話術は、まず自分のことを簡潔に、しっかりと誠実に伝えることです。
メールなどでやりとりしていた時とは違い直接顔を合わせているので、キョロキョロしたりせず、相手の女性だけを見て落ち着いて話すと好印象になります。
また、初対面ですので言葉遣いは丁寧にしましょう。 ただし、あまり堅くなりすぎても女性も緊張して話が盛り上がらなくなってしまいますので、程よく丁寧な言葉で、馴れ馴れしく軽くなりすぎないよう気をつけてください。
話の内容は趣味や好きなこと、興味のあるものなど、お互いの考えを共有して楽しめるものにしましょう。
そして、女性に安心してもらえるよう、笑顔で温かみのある表情で、相手の話をよく聞くのが、印象の良い初デートでの会話術です。

女性に印象の悪い初デートでの会話とは

初対面なのに慣れ慣れしく、口調が軽すぎる
しっかりした自己紹介をせず、信用できない
女性の気持ちを無視して自分のことばかり話す
顔の表情や目線が落ち着かない、堅すぎる

初デートの際には、女性は会話やその時の相手の様子からその人のことを知ろうとしています。
初対面なのに話し方や会話の内容が慣れ慣れしく軽いと、結婚相手としては信用できません。 また自分のことをきちんと紹介してくれないのも、頼りがいが無く誠実ではないと思われ、悪い印象になってしまいます。
しっかりと自己紹介しましょう。お互いが相手のことを考えて行動するのが大切なのが初デートなので、一方的に自分のことばかりを話して、女性が楽しんでいるか、疲れていないかなどを考えないのも問題です。
女性は落ち着きが無く子供っぽすぎる男性を嫌うので、目線が動きすぎたり、自信が無さそうな表情や話し方も印象を悪くします

ネットお見合い@メニュー

ネットお見合い@結婚できるプロフィールの書き方とマナー術リンク